松屋のバイトはキツイ!?経験者が本当のところを明かします!


松屋ってファーストフードで忙しそうだし、バイトでも厳しいんじゃないのかな

休みが希望通りもらえても、後から文句言われたりするんじゃないの?

ずっと立ってる仕事だから、体力ないとできなさそう…

 

飲食店、それも二十四時間営業のチェーン店で働くのは大変そうに思えますよね。

実際のところはどうなのか、私は大学時代ずっとバイトを続けた経験から、松屋のバイトは実際キツイのか!?の疑問にお答えします!

この仕事キツイなぁ…と思ったこと

どの飲食店もそうだと思いますが、朝・昼・夜それぞれピークタイムがあります。

私が働いていた店舗は狭かったですが、お昼のピーク時には一気に満席になり、待っている人でいっぱいということがよくありました。

初めてピークにあった時は待っているお客さんの無言のプレッシャーを感じて大変でした。

順番を間違えずにオーダーを出し、席が空いたらすぐに食器を下げ、先に待っていたお客さんから案内し、テイクアウトのお客さんにも対応して…と、カウンターにいると「嵐のような時間」を実感します。

厨房にいても、食材を切らさないようにご飯を炊き、お肉を煮て、お味噌汁やサラダを作って洗い場も…と、まさに息つく間もないくらいです。

洗い場は実はもっと大変で、洗い物をこなしながら厨房の補充の手伝い、カウンターから空いた食器を下げる手伝い、といろいろなところを見てフォローしなければなりません。

重い食器を店内に運び、一番体力が必要なポジションと言っても過言ではないと思います。

朝でも朝食を食べに来る方は結構います。そして急いでいる方が多いので、いかに早くオーダーを出すかが問われます。

メニューによっては厨房はご飯だけを出し、カウンターで残りの品を出すものもあって、とても焦ったことを覚えています。

ファーストフードなのでスピード重視のため、慣れるまで大変ですが、お客さんはほとんど常連です。

出す順番を間違えたり、テイクアウトの商品を入れ忘れたりとミスをしてクレームになったり怒られたりすることはもちろんありますが、新人だとわかって温かく接してくれる方も多かったですし、慣れてくると厨房の人とどちらが早くオーダーを出せるか…なんて、自分でゲームみたいに楽しむこともできるようになります。

また、先に書いたように実は洗い場が一番重要なポジションだったりするので、一緒に入っている仲間のシフトリーダーから「洗い場お願い」と言われると自分の成長を認めてもらえた気分でとても嬉しかったです。

他店への応援が結構きつい

店の忙しさよりずっとキツイ制度だなぁ…と思い、苦手だったのは他店への応援です。

私は人見知りをすることもあり、慣れ親しんだ自店から、「忙しくて大変なんだって」とか「あのお店にいる〇〇さんって怖いんだよ」とか、よからぬ噂のある店舗へ応援に出されることほど嫌だったことはありません。

実際にエリア内で忙しいと評判の店舗に何度か応援に出されたことがあります。

さらにそこには厳しい、怖いと言われている社員の方もいる、ダブルでキツイ店舗でした。

でも、不安いっぱい、緊張でドキドキで、バイト初日よりもドキドキしながら行ってみたら、その社員の方は

「あっ!応援の△△さんじゃないですか!今日はお願いします!」

とフレンドリーに挨拶してくれて、自店のメンバーの人たちに紹介してくれました。

メンバーの人たちも忙しいのに温かく接してくれて、店の作業の流れ、締めの作業を始める時間、ピークが始まる時間…など丁寧に教えてくださって、働きやすいようにしてくれました。

自店ではバイトでも作業が終わらなければ残業もありますが、応援の場合は違います。

もともとのメンバーの方が時間内で終わるようにフォローしてくれるので、残業することはありませんでした。

応援で忙しい店舗に行ってみると、自店に戻ってからどのように作業すれば時間内に仕事を終わらせられるのか、やどうすればピーク時をもっとうまく回すことができるのか?など考えるようになります。

自店にいては見えていない改善点もわかってきます。そして他店の社員やメンバーとのつながりもでき、食材が足りない!というピンチの時でも助けてもらえる味方ができます。

反対に、自店に人手が足りないときは応援に来てもらいます。応援では何もやらせてもらえない…なんて物足りない思いをしたこともありますが、その思いを応援に来てくれる人にさせないようにしよう、と相手を思うこともできるようになります。

私は大学時代に学内であまり親しくなれる人を見つけられなかったので、このようにバイトで多くの人と知り合えたことは大きな財産です。

まとめ

飲食店のバイトは確かにキツイことが多いです。人はお腹が空くとイライラするものですから、無茶なことを言われたりクレームをもらったりすることがあって落ち込むこともあります。

それでも私が松屋のバイトを長く続けられたのは、ひとえに支えてくれるメンバーがいたことに尽きます。社員の方もとてもよく気にかけてくれて、働きやすい環境を作ってくれました。

仕事はキツくても、メンバーの結束がとても強くなるので、バイトを辞めても親しく付き合える仲間ができると思います!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

初めてのアルバイトは松屋フーズで!アルバイトの魅力をご紹介!