【必読】知らなきゃ損する!最低賃金とは!?~アルバイト編~

 

あなたが今やっているバイト先の時給は、各都道府県の最低賃金を下回っていませんか?

実は意外にも、最低賃金を守っていない経営者は多いんです。

でもアルバイトの身からしたら、最低賃金ってよく分かりませんよね。

そこで、意外と知られていない、最低賃金とはそもそも何かを解説します。

これから先、バイトを新規で申込する際などであなたが損をしないためにも、最低賃金のことを知っておくと良いですよ。

この記事では最低賃金の概要についてご紹介していきます。

最低賃金が決められている理由とは?

最低賃金とは、雇用者が労働者に最低限支払わなければならない国で決められた賃金の水準のことで、正社員に限らずアルバイトやパート、派遣社員にも適用されます。

都道府県ごとに最低賃金は決められており、もし違反してこれを下回る賃金を支払っていた場合は、雇用者は罰則を受けることになるんです。

でも、なぜ最低賃金というものが国によって、法律で決められているんでしょうか?

それは日本の憲法で、国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する、と定められているからです。

 

つまり、たとえパートであってもアルバイトであっても、真面目に働いているにも関わらず、生活が出来ないくらいに貧しくならないよう労働者を守るための法律として最低賃金があるわけなんですね。

 

最低賃金は各都道府県で金額が違うので、まずは自分が勤務している都道府県の賃金を知っておきましょう。

厚生労働省のホームページから現在の都道府県の最低賃金を確認できます。

各都道府県の最低賃金を調べてみる。

この一覧を見ると、最低賃金が一番高いのは東京都ですね。当たり前と言えば当たり前ですね。

ちなみに、派遣社員の場合は、登録している会社ではなく、派遣先の企業がある都道府県の最低賃金が適用されます。

ということは派遣先が東京や愛知県、大阪府など最低賃金が高い場所であればその分賃金が上がる可能性があるということですね。

 

アルバイトを決める前に最低賃金を知っておくべき大切な3つの理由

もしこれからアルバイトをしようと考えているのなら、まずは最低賃金をしっかりチェックしておくようにしましょう。

ではなぜ最低賃金をチェックしておいた方が良いのか、3つの理由を紹介します。

①法令を守っているバイト先かどうか見分ける

バイト先を決めてしまう前に、求人に載っている時給が本当に最低賃金を下回っていないか確認しましょう。

もしもその都道府県の最低賃金より金額が下回っていた場合は、経営者が法令違反をしているということになってしまいます。

自分の支払われる給料が本来より少ないのはもちろん、経営者が法令違反をしているバイト先で働きたくないですよね。

しかも違反をしているということは、あまり良いバイト先とは言えず、もしかするとブラックである可能性もあります。

良いバイト先を見つけるためにも、最低賃金をチェックしておきましょう。

②差額を請求できるため

バイト先が法令違反で最低賃金を下回っていた場合、その差額を経営者に請求することが出来るので、まずは労働基準監督署に相談しましょう。

すると最低賃金の差額が支払われ、勤務先には罰金が科せられる場合もあります。

ちなみに、最低賃金とは、基本給のみに適用されるものです。

 

つまり、基本給だけだと最低賃金を下回るけれど、残業代や交通費の支給も含めると、最低賃金を上回るという場合もその勤務先はアウト。

交通費や残業代などを抜いた基本給だけで、最低賃金を上回るようにしておかないと、法令違反になってしまうんですよ。

 

アルバイトやパートなど時給制なら1時間の基本給が最低賃金以上でないといけないということなんです。

 

もしバイト先が最低賃金を下回っているようなら、差額を請求するようにしましょう。

③労働意欲を失わないため

真面目に働いているのに、安い賃金で労働していては、だんだんとやる気をなくしてしまいます。

同じ都道府県で同じ仕事をしていて最低賃金を守らず時給900円と、片側ではちゃんと最低賃金を守って時給1000円だとしたら結構やる気は変わりますよね。

やっぱり仕事に見合った給料は払われるべきなのが権利。

 

やる気をなくしたりずっと安い賃金で我慢したまま生活するのは、かなりキツいことですので、そうならないためにもバイト先を探す時は、まずその会社がきちんと最低賃金を守っているかどうか、確認していきましょう。

 

まとめ

最低賃金とは、雇用者が労働者に最低限支払わないといけない賃金のこと。

都道府県で最低賃金の金額は異なりますが、これを下回っていると、法令違反になってしまいます。

バイト先が法令違反をしていないか確認するためにも、最低賃金を知っておくようにしましょう。

 

もし違反していれば、差額を請求できるし、給与が増えて労働意欲もアップできますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。