セブンイレブンアルバイトのお仕事内容をご紹介!他のコンビとの違いとは?

コンビニのバイトの中でも私は「セブンイレブン」のアルバイトを選択しました。

コンビニバイトはレジ業務の他にもいろいろとやることがあり、最初は結構覚えることがありますが、基本ルーチン業務になるため一度覚えてしまえば結構つらい仕事ではありません。

今回はそんなコンビニバイトの中でセブンイレブンのバイトの業務内容をご紹介します。

 

セブンイレブンアルバイトの仕事内容とは?

コンビニアルバイト業務のメインはレジでの会計業務、レジでの受付業務、商品の陳列、その他掃除などの業務です。

レジでの会計業務

まずはレジでの会計業務です。

商品の会計の際には商品バーコードをスキャンしてから清算して、袋に詰めてお客様へ渡します。

どこのコンビニでも同じですが、コンビニではたばこの取り扱いがあり基本は番号で指定されるため、言われた番号のたばこをお客様に渡せばいいのですが、たまに銘柄で言ってくる人がおり、どれのことを言っているのかわからなくなります。

私がたばこを吸っていればわかるのかもしれませんが、私はたばこを吸わないためなかなか覚えるのが大変でした。

たまにあるくじやXXを購入するとプレゼントキャンペーンなども把握する必要があるため、単純作業だけでなく意外と覚えることも多いです。

レジの会計業務だけでなく、その他サービスの受付業務も行います。

レジでの受付業務

レジでは会計以外にもいろいろな受付業務があります。

例えば宅急便だとサイズ測り、伝票作成といった業務もありますし預かっている荷物を保管しておき、宅配業者へ引き渡す業務もします。

レジでは、商品だけでなく、公共料金や携帯電話、クレジットカードなどの料金の支払いもできるのでお客様が持ってきた支払い用紙のバーコードをスキャンして清算するお仕事もあります。

商品の陳列

商品の陳列業務も毎日あります。決まった時間にお弁当やおにぎりなどが店舗に配送されて来るため、その商品を棚に陳列する仕事が発生します。

ペットボトル飲料の場合、お客様が商品を取りやすいように、奥に入ったペットボトルなどを最前列に出して取りやすくしたりすることもあります。

最近ではどこでも同じようにありますが、中華まんやファーストフードの調理もあります。

揚げ物の調理などもバイトが行うことになります。ただ、これは朝~夜までの仕事で深夜には基本行いません。

私のところでは商品の発注業務自体は社員や店長が行っていました。そのため私たちは商品の数を数えたり、チェックするような手伝い業務が中心です。

その他掃除業務

コンビニには結構掃除をするところがあります。床のモップ掛けやトイレ掃除はもちろんのこと、商品棚の陳列の整理、商品にホコリを被らないように掃除することもあります。

特に化粧品や文房具などはあまり買う人がいないので、すぐにホコリがたまってしまいます。

店舗内がきれいだとお客様にも気持ち良く過ごしてもらえるので、汚れている場所はないか普段からチェックするようにと店長からも言われます。

この辺の業務が一通り行えるようになると一人前になります。

 

仕事を申し込みした流れについて

続いて私がセブンイレブンにアルバイトを受けた流れをご紹介します。

まず働こうと思ったきっかけは学生時代にコンビニでのアルバイト経験があったため新しく仕事を覚えるよりも、一度経験したことがあるお仕事のほうがすぐに理解出来ると思ったからでした。

バイトへの募集は店に募集の紙が張られていたのを見て応募しました。時給などもそこに書いてあったので事前に確認したうえで応募しました。

今時はネットで調べることも多いかもしれませんが、近所のコンビニなどに応募する際にはアルバイト紹介誌やネットを調べなくても張り紙で詳細が分かったりします。

自宅から電話をしたら、すぐに「面接に来てください」と言われたので履歴書を書き、写真を貼って、面接に行きました。

セブンイレブンのアルバイトなので、面接の時の服装は、シンプルな服装で行きました。

店長はとても優しくて、面接とは思えないくらい、楽しく雑談のような形だったのを覚えています。

面接で聞かれたことは、

  • 今までの職歴
  • どのくらい働ける

などの質問でした。

経験者という点が経営者から見ても良かったからなのか、採用してもらえました。

場所にも寄るようですが、午前中やお昼の時間帯に働ける人が少なくて困っていたようです。

コンビニバイトは学生が中心なので、夕方や夜、深夜帯の応募が多いです。

それ以外の時間帯はなかなか応募がないようで、午前中やお昼に働けると伝えたら喜ばれました。

 

セブンイレブンのアルバイトの特徴は?

コンビニのアルバイトでは結構仕事が似たり寄ったりしてきますが、セブンイレブン独自のものも多少あります。

それはnanacoです。

レジ業務を中心にnanacoでのチャージや支払いをレジで行う必要があります。

最近はnanacoでの支払いも多いため、レジ業務が多少簡単になってよいです。

また他のコンビニと同じようにライブやコンサートのチケット発券などもありますが、セブンイレブンではファミポートやLoppiという端末はないため、自分自身でお客様の番号を聞いてレジに打たなくてはいけません。

 

コンビニバイトにはどんな人が求められるか

コンビニアルバイトは業務さえ覚えられれば誰でもできます。ただそれは深夜などのお客さんの来店が少ない時間帯のことです。

昼間の時間帯はお客さんが多いため、店員さんは少しでも明るい雰囲気のほうが良いと思います。

お客様にはきちんと挨拶をして、「いらっしゃいませ」と言える人、明るい声で「ありがとうございました」と言える人なら気持ち良く働くことが出来ます。

店舗によると思いますが、夕方や夜のアルバイトは学生に人気なため、昼間働くことができる方は結構重宝されることが多かったりします。

 

まとめ

セブンイレブンに限らずコンビニの仕事は、最初は覚えることが多いけれど、慣れてきたら働きやすいです。

レジ業務の他に商品の陳列、清掃などコンビニ以外でのバイトでも活用できるような仕事が多いため、初めてアルバイトを行う方にはオススメの仕事です。

接客業なので、お客様に元気よく「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました」と言うことも大切です。

高校生からパートタイムの大人まで働けるので、色々な年代の仲間と一緒に過ごすことで、色々な話を聞くこともできます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。